魚に思いを馳せながら


尾道では様々なアクティビティが選択できる中、今回は釣りをしてみることにした。

早速に自転車で島々を渡り、釣りをするポイントを探す。

それだけでも十分に愉しいアクティビティとして成立するくらい、瀬戸内海の景色は美しい。

東京では全くといっていいほど釣りをしていない自分は、

どこが釣れそうだとかの見識が全く無く、勘を頼りに適当な堤防に腰を落ち着かせた。

穏やかな海に波紋を立てながら、まだ釣れぬ魚に思いを馳せる。

柔らかな日差し、浜風を感じ、

釣りをするということがこれほど心を穏やかにするものなのかと感じながら、

釣り上げられたものは、昆布のみだった。

いつか、魚を釣り上げることを夢見る。