Year of the Monkey

2月は春節、四季という四季はないものの、モールのインテリアや飾り付けで季節を実感できるのがジャカルタ。

どこに行っても、最近は「猿、猿、猿」。おちゃめなのからちょっと怖い子まで、

まさに十人十色で見ていて面白い。

(不思議なことに申年、年男年女の多い我が社、我がチーム。)

ツアーバスでくるような「爆買い」こそないものの、購買意欲は大盛り上がりを見せているようで。

赤い封筒の風習も、中国系のインドネシア人もいるこの街では絶賛実施中。

外食産業などもこの時期なかなか盛況なようで。


街では1ヶ月以上にもわたって、ドラゴンがそこらじゅうに現れる。


予想したよりも爆竹は少なかったな、というのが印象。