ランチタイムの楽しみ「中華そば」

 尾道には誇れるものがいくつもある。しまなみ海道や瀬戸内の島々、尾道水道を望む絶景。細く入り組んだ坂道に我が物顔で闊歩する猫たち。水揚げされたばかりの小魚を使った料理。そして、ラーメン。地元では中華そばと呼ぶ。

 近年では多くの観光客が“それ”を目当てに来尾している。サテライトオフィスの「Onomichi SHARE」の周辺には多くのラーメン店が軒を並べる。真裏には、有名店の一角をなす「つたふじ」。国道に向かって2、3分歩けば、尾道ラーメンの本命中の本命「朱華園」などなど。オフィス界隈を散歩すれば、2桁を超えるラーメン店に遭遇する。

 あっさりした醤油ベースのスープに細麺。チャーシューは各店舗によって異なるが「朱華園」の薄切りチャーシューは、スープの味をしっかりと染み込ませ絶品だ。お盆、正月、GWなど観光客が多く訪れる時期はお昼前から行列ができ、その行列は夕方になっても途切れることなく、「品切れ」まで続く。

 尾道オフィスでのランチタイムの楽しみは、このラーメン。あっさりしているので、毎日食べても飽きがこないのも特徴だろう。