サーバー増設作業

前回の投稿に引続き、サーバーの増設作業を実施するべく美唄へ向かった。

東京では連日35度の猛暑日を記録しているなか、美唄に着いたら気温17度と肌寒い気候。半袖しか持参しなかったことをとても後悔した。

ホワイトデータセンターは冬の間に雪を貯蔵し、サーバーから出る熱を雪で冷却している。貯蔵した雪に木屑などを混ぜた土を30cmほど被せれば、秋まで雪が残る。

秋になれば気温が低くなり外気でサーバーの熱を冷却することができるので雪は不要になる。

ホワイトデータセンターに到着し、ラックにサーバーを設置する作業を行った。

サーバーは1台15kg程度あるのだが、これを30台運び設置した結果、汗だく。次の日は全身筋肉痛。

力仕事のあとの美唄焼鳥とビールは格別だった。

データセンターのドアをあけると美唄の広大な景色広がっていて別世界に向かう「どこでもドア」のように思えた。

※写真6