Memancing di Pulau Karang Jamuang (インドネシアにあるカラン ジャムアンという島での魚釣り)

Ini kedua kali saya berkunjung ke Karang Jamuang untuk mengistirahatkan pikiran sembari memancing ikan bersama kawan kawan. Pulau yang berukuran tidak terlalu besar ini berada di antara Pulau Jawa dan Madura, yang mana menjadi tempat kawan kawan kru kapal serta nelayan beristirahat. 

友達と一緒に魚釣りをしながら頭をリフレッシュするために、カラン ジャムアン島に行った。今回は二度目の訪問になる。カラン ジャムアン島はジャワ島とマドゥラ島の間にある小さな島で、船の乗務員や漁師達が休憩をしに来る所。 

Perahu yang mengantarkan ke Pulau Karang Jamuang 

カラン ジャムアン島へ乗っていた小さな漁船。

Pulau dikelilingi oleh pembatas untuk mencegah air laut pasang 

満潮の波が入ってこないように防波堤が島全体を囲っている。

Mercusuar dan tanah lapang di salah satu sudut pulau 

島の片隅にある灯台。

Salah satu kapal pemandu sedang bersandar di dermaga pulau 

入港中の船の様子を眺める。

Spot Mancing di sekitar kapal karam, biasa nya banyak sekali ikan di sini 

水没した船の辺りは魚の群れがたくさん集まってきて釣りのスポットになる。

Jalan menuju mess kawan kawan kru kapal 

島の宿泊施設への通路。

Pagi di tempat ni cukup sejuk untuk sekedar bersantai dan melempar mata kail. Hasil memancing kami sejak sore hari hingga siang keesokan harinya cukup memuaskan. 島の朝はとても涼しく、釣りをしたり、のんびりしたりするのに最適!朝から夕方にかけて釣った魚の数には大満足。

Daaaan, ini dia hasil kali ini. Cukup untuk dibakar rame rame 

ゲットした魚。皆で食べるのがとても楽しみ~