スラバヤでの休日

スラバヤ出張のチケットを買った夜、地方選挙のため5日後である選挙当日を祝日とする、と大統領より突然発表された。インドネシアでは驚くことではない。急遽休みとなったので、スラバヤの北に位置するマドゥラ島へ行くことに。島と言っても目的地はビーチなどの観光地ではなくベベック(アヒル)レストランだ。ベベックレストランはかなりの人気店らしくお昼時に行ったら売り切れている可能性が高いからと、朝出発し、いざマドゥラ島へ。

2009年にやっと完成したというインドネシア最長のスマドゥラ大橋を渡り、スラバヤ市内から30分ほどでマドゥラ島へ。

日本のような風景にテンションが上がる。

マドゥラ島に入ると、そこには、のどかな田園風景が続いていた。


9:30、お店に到着。

朝からすごい、人。 

カリカリジューシーのアヒルの唐揚げと、添えられているマンゴーのサンバル(唐辛子ベースの調味料)は絶品。

お店の外ではココナッツジュースが売られていた。


マドゥラといえば、インドネシアのろうけつ染の布であるバティックも有名。 手書きのものからプリントものまで。 インドネシアでは有名なバティック産地が多々あり、それぞれモチーフが違う。 マドゥラは鳥や花を多く使った柄が特徴。

一枚8千円ほどの布を購入したが、全て手作業の一枚、安いもんだ。

そしてスラバヤへ戻り高級住宅地を通り抜けるとこんな豪邸が。。。  

一歩外に出ると街並みも人も文化も食べ物も違い、飽きさせないインドネシア。 また新しいインドネシアに出会えた。