社員研修旅行2 石巻・松島~被災地訪問

2日目は快晴。

11月の東北とは思えない温かさの中、今回の社員研修旅行のもう一つの目的地である3.11の津波の被災地、石巻・松島方面へと皆で向かった。

まず石巻では、みらいサポート石巻さんが開催している「防災まちあるき」に参加させてもらった。石巻市街地の街歩きと、被災者の方のお話を伺える貴重な体験プログラムである。

街歩きでは「石巻津波伝承ARアプリ」を使って、石巻の現在、過去、震災時の深水状況を参照しながら、且つ、被災経験者のボイスを聞きながら市街地をまわった。

ところどころに、まだ津波の爪痕が残っており、説明を聞くたびに何とも言えない気持ちとなった。


街歩きの後は、3.11時の津波の模様の動画を見せていただき、被災者の方に当時の話を伺った。

3.11当日の行動、地震発生時の状況から、津波を目の当たりにした時の覚悟まで、心に響く内容だった。

変わらない日常がどれだけ大切なことか思い知らされた。

参加者の方々も思うところがあったのではないだろうか。

お昼頃に石巻を出発し、日本三景の一つ松島へと向かった。

ただ道中、休日とは言え、結構な渋滞が発生していたのは想定外だった。

昼食の時間と観光の時間が短くなってしまったことは参加者の方に申し訳なかった。。。

帰りの新幹線内では、参加者の満足感を感じられた。

今回、我々実行委員が企画した社員研修を通じて、チームビルディングができたのか、正直不安だが、今回の経験を参加者の方には是非仕事で活かしてほしい。

また、次回の研修でもチームビルディングという軸をブラさず続けてほしい。