kyodo-digi

記事一覧(112)

「eBASEBALL 全国中学高校生大会 -共同通信デジタル杯-」開催しました!

 今年の夏、私たち株式会社共同通信デジタルは新しい形の野球大会「eBASEBALL 全国中学高校生大会-共同通信デジタル杯-」を、全国10ブロック11会場にて開催しました。 この大会は、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの2019年度プロ野球データを反映させたPlayStation(R)4用ソフト『実況パワフルプロ野球2018』※1を競技タイトルとして使用し行う全国の中学生、高校生、高等専門学校生を対象とした、eスポーツの野球大会です。野球を楽しむ機会の創出、およびeスポーツ競技の認知向上と、競技者人口の拡大を目指し、野球ファン拡大と地域が活性化する仕組みづくりを目的として実施した、日本初の大会でした。 初の大会ということもあり、準備段階から試行錯誤の連続。社内外の多くの方々に協力をいただき、7月20日(土)、広島と沖縄で初日を迎え、私たちも参加してくださった中高生の皆さんと同じくらい緊張しながら怒涛の1カ月を過ごし、無事8月24日(土)に日本一を決める全国大会を迎えました。 eスポーツに関しては、「スポーツではなく遊び」という若干マイナスの印象が一般的にまだあるようですが、全国を勝ち抜いてきた各ブロック代表が集まった全国大会ではスポーツマンシップに則った戦いが繰り広げられ、少なくとも会場ではマイナスの印象はありませんでした。参加者はもちろん観客の方々からも「感動で心が震えました!」という声をいただき、また終了後にも参加した選手たちから改めて嬉しいメッセージがあり、主催者側としては感謝の気持ちで一杯になっています! 公式サイトに全国大会決勝戦のアーカイブ映像をアップしてありますが、ここでは写真の一部をご紹介します。

1週間、東京の生活を体験した

 Awal bulan ini, saya dan salah satu rekan kantor ditugaskan untuk bekerja di kantor induk kawasan Tokyo selama kurang lebih seminggu dalam rangka mengenal cara kerja dan kondisi di kantor induk saat ini. Berbagai kelengkapan dokumen sudah dipersiapkan sejak sebulan sebelumnya oleh HR department di Surabaya untuk keperluan keberangkatan kami. Selama berada di Tokyo, saya mendapatkan banyak sekali pelajaran yang tidak saya dapatkan di Indonesia. 東京にある共同通信デジタル本社の働き方や雰囲気を味わうため、8月上旬に私と同僚が1週間ほど日本へ出張することになりました。出発1ヶ月前からビザや必要な書類を、人事担当者が準備してくれました。東京にいる間は、インドネシアではないことを体験することができました。Shock CultureSaya mengalami shock culture ketika tiba di Tokyo. Hampir seluruh warga di kota ini berjalan kaki, baik itu ke kantor, sekolah, ataupun ke tempat-tempat lain yang tidak terlalu jauh dari tempat tinggal. Kendaraan pribadi yang terlihat di jalan raya sangatlah sedikit sehingga macet menjadi hal yang tidak terlihat sama sekali selama menginjakkan kaki di Tokyo. Pengemudi mobil pun rata-rata lebih mengutamakan pejalan kaki jika dibandingkan dengan Jakarta ataupun Surabaya. Baru disini saya melihat pengemudi yang langsung mengerem ketika melihat di depan ada pejalan kaki yang sedang menyeberang jalan. Biasanya kalau di Surabaya sih sudah di klakson disuruh minggir dari jalan, hahahaha. Hal lain yang saya kagumi adalah tingkat kedisiplinan dari masyarakat di negara ini. Antrian dimanapun sangat rapi mengular tanpa ada yang namanya menyerobot antrian.カルチャーショック 東京に着き、ほとんどの日本人が歩いてる姿を見てびっくりしました。学校や会社に行く際、あるいは自宅からちょっとした離れた場所でも徒歩で行く日本人が多く見られます。インドネシアと違って、車の数が少なく渋滞をあまり感じませんでした。また、歩行者を優先する気遣いもとても感動しました。インドネシアでは、道を渡る歩行者の姿に気づいてからはじめて運転手がブレーキをかけ、その上道を早く渡るようクラクションが鳴らされます(汗)。他に、マナーや規律正しい面も感動しました。Tempat TinggalSelama berada di Tokyo, kami bertempat tinggal di daerah Tsukishima yang berjarak tiga stasiun dari kantor yang berada di kawasan Shiodome. Kami menempati fasilitas asrama yang berada tepat di sebelah Sumida River. Cukup ketat akses masuk ke dalam asrama ini. Kami diberikan kartu akses untuk masuk ke dalam asrama dan kunci kamar harus dititipkan ke resepsionis ketika keluar masuk asrama. Bahkan, pengantar pun tidak diperkenankan masuk lebih dalam selain ruangan resepsionis. Untuk fasilitas di dalamnya cukup lengkap dengan kamar AC, kamar mandi dengan bathtub, ruang laundry beserta pengeringnya, ruangan untuk mencuci peralatan makan, serta ruangan untuk menikmati pemandangan ke arah Sumida River.滞在場所 東京にいる間は、本社から3駅分の距離にある月島の共同通信研修交流センターに泊まりました。こちらの研修センターはランドリールームもあり、色々な設備が整っています。きれいな墨田川の景色がよく見えて、とてもいい場所でした。